職業インタビューについて

子供が成長していくにつれ人生での様々な転機に直面しますが、何事も自分が知っている範囲でしか判断できません。

色んな角度から物事をみるために子供の世界観を広げる場を提供していきたいと考えています。

マルシェには様々な職業の人が携わり、大人と子供たちが同じ空間を共にする場所です。

マルシェ自体を楽しむだけではなく、そこにいる大人が何を仕事にしている人なのかを知り、仕事について色々聞ける機会があれば、子供たちの勉強にも役立ち、ご来場いただいた方同士の交流が生まれ、より一層楽しめるのではないかなと職業インタビューを企画しました。

職業インタビュー手順

職業インタビューにご協力いただけるボランティアさんを募集しています。

職業ボランティアさんの流れ

▶︎職業ボランティアさんは何時にご来場いただいても構いません。

▶︎当日の来場時に、正面玄関受付に準備してある紙に、子供たちにわかりやすい職業(簡潔に、ひらがなカタカナで)を書いてもらい、ネームホルダーに入れて首からかけてもらいます。

▶︎マルシェをお楽しみください。

▶︎職業インタビューに興味を持ってくれた子供たちには、専用ハガキサイズの用紙と簡易ペンを渡します。

▶︎ネームホルダーをつけている人で気になる人に職業インタビューをしてもらいます。

大人に声をかけられない子供も多いので、職業インタビューされる側から声をかけてくれると助かります。

▶︎お帰りの際には、受付にネームホルダーを返却してからお帰りください。


子供たちは「今」を生きています。

もし子供たちが仕事の話を聞いて憧れを抱いたら、将来その仕事に就けるように頑張るのではなく、今その仕事してる人になりきるんです。

なので、子供たちに「どうしたらその仕事になれるのか?」と聞かれたら、〇〇歳になったら〜ではなくて、今からできる簡単なことを伝えてあげてほしいと思います。

例えば「デザイナー」なら、気に入ったチラシや本を真似して描くとデザインセンス上がるよ、などです。

また、殆どの子供たちは「バイト」「社員」「社長」の違いなどはわからず、お金のこともピンと来ません。

言葉で説明しても全ての単語がチンプンカンプンの可能性もあり、一番わかりやすいのが見た目、仕事着・制服などです。

できれば仕事着・制服など、パッと見で仕事がわかる服装でご来場いただけると、とても助かります。

また、その仕事ならではの写真や動画があると子供たちも理解しやすいです。

お手数をおかけいたしますが、ご協力いただければ幸いです。

職業インタビューボランティアは当日飛び入り参加も可能ですが、事前にお問合せフォームよりご一報下さるとありがたいです。

宜しくお願いいたします。

Follow me!